« 腰痛の中での一人クッキング | トップページ | テレビで見かけた極端なダイエット番組 »

2019年6月25日 (火)

地下アイドルの恋愛と自分の出会いに関すること

この前も応援しているとある地下アイドルの子のイベントに行ってきました。もう何度もこういうイベントに行っていると必ず顔見知りの他のファンもいます。たまに軽く挨拶したり、「前回のライブ良かったですね」と雑談したりしますが、そこまで深く関わることはないかな。恐らくほとんどの人たちが独身で、彼女がいる人もあまりいないと思います。多分そう思いたい自分がいるのでしょうね。

ふと思ったのですが、よくテレビに出ているアイドルは引退するまで恋愛はしていけないという説があったりします。まあアイドルによりますし最近はそういった風潮も大分薄くなってはいますが。恐らく恋人がいたとしても隠す子が多いのだろうなと思います。イメージを保つためですね。ファンの皆に夢を与えるのが仕事なので。そういった地下アイドルの子たちはどういった男性と付き合ったりするのだろう。少し疑問に思うことがあります。

ファンと付き合うなんてほとんどありえないと思います。そもそもファンと付き合いたいと思う子はあまりいないのではないか、と。年上のおじさんが多いということもありますし、あくまでもファンは支えてくれるファンであり、一線引いて関わるようにしているでしょうからね。それを承知の上で応援していますから、僕のようなファンは。

ということで僕も当然応援している地下アイドルたちの中で「出会い」のようなものを求めているわけではありません。あくまでもアイドルとして好きだからイベントに行ったりするわけです。楽しい時間を購入しているお客さんなのです。

でもそれとは別に、出会い系サイトで地下アイドルをやっている女性と出会うことができた人の話は以前聞いたことがありました。出会い系サイトを使って奈良県で本当に出会えたそうです、とある男性の体験談によると。その男性はブログでその出会いのことを書いていましたが、多分本当のことなのだろうなと思います。奈良でアイドル活動をしている20代の女性と出会い系サイトで出会えて、何度か食事をする関係にまでなれた、と。今どうなっているかは分かりませんけどね。女性の名前や活動の内容には一切触れていなかったのでどういう女性かは分かりません。

もしかしたら僕が応援しに行っている地下アイドルの子たちも出会い系サイトにひっそりと登録していたりするのだろうか。それもありえますね。まあ登録していたとしても僕が偶然そういったサイトで彼女たちと「出会う」確率はゼロに限りなく等しいでしょうね。

今回行ったイベントは奈良公園の割と近くでの野外ライブだったので、帰りに珍しく奈良公園に行って鹿にお煎餅をあげたのです。そう、まるで観光客のようなことをこの僕がしたのです。ライブは割と短かったのでそのまま帰るのは勿体ないと思ってしまいました。いやぁ、それにしてもタイミングの取り方などをすっかり忘れてしまいましたね、お煎餅を持ってもたもたしていたら服を食べられそうになったので焦りました。

でもたまには楽しいのですよ、この鹿たちに襲われるスリルのような気持ちを味わうのも。この鹿たちが好きな女性だったら嬉しいのですがね。

« 腰痛の中での一人クッキング | トップページ | テレビで見かけた極端なダイエット番組 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 腰痛の中での一人クッキング | トップページ | テレビで見かけた極端なダイエット番組 »